路面標示施工技能士

ROAD MARKING

路面標示施工技能士とは

道路の路面に描かれている車道中央線、車道外測線、横断歩道、停止線などの各種の表示が路面標示です。区画線と道路標示に区別され、これらの標示の形や大きさなどは、道路関係法令により定められています。「路面標示施工職種」は、路面標示工事の施工の仕事を対象としています。

路面標示施工技能士制度は厚生労働省が所轄・主催する国家資格です。溶融ペイントハンドマーカー工事作業と加熱ペイントマシンマーカー工事作業があり、いずれも単一等級です。
検定は各都道府県職業能力開発協会で実施されます。当協会では実技試験の実施協力を通して、公正な検定を行い、技術の継承を行っております。

路面標示施工技能士

受験資格および日程等

当協会発行パンフレットです

厚生労働省「技のとびら」でも紹介しています。
日程等詳しくは中央職業能力開発協会のホームページを参照ください。

受験資格および日程等

路面標示施工技能検定試験の試験科目及びその範囲並びにその細目

厚生労働省職業能力開発局より発行されている資料です。
ダウンロードはこちら

当協会で「路面標示施工技能士学科の手引き」を発行しています。販売ページはこちら

試験科目及びその範囲

路面標示施工技能士と登録標識・路面標示基幹技能者講習

登録標識・路面標示基幹技能者講習における路面標示の講習は、路面標示施工技能士が受講資格要件となっております。
各支部で検定の案内をしていますので問い合わせてください。
支部一覧のページはこちら