会長挨拶

MESSAGE

会長挨拶

一般社団法人全国道路標識・標示業協会会長 
清水 修一

 皆様には、当協会の運営に格別のご理解とご協力を賜っており、厚く御礼申し上げます。

当協会は、道路標識・標示業の550以上の企業を会員とする一般社団法人で、昭和51年の設立以来、安全快適な道路交通の確保のために各種事業を行っています。当協会は特に人材の育成に努力しており、「登録標識・路面標示基幹技能者講習」や「道路標識点検診断士研修」を行っているほか、「路面標示施工技能検定」への支援を行っています。これらは、多数の専門的技術者を育成し、標識・標示業がより高度な技術力を有する業界へと発展することに資するものであるとともに、若い人材の確保が困難となりつつある現状を改善することになるものであります。

また、当協会は、社会貢献活動である「子どもを守ろうプロジェクト」を推進しており、地域社会や学校と連携し、通学路のカラー標示や防護柵などの安全施設を設置・寄贈することなどにより、子どもを守る活動を全国的に展開しています。

業界を取り巻く環境は、近年大きく変わりつつあります。平成24年(2012年)の笹子トンネル崩落事故を契機として、道路や関連施設の老朽化の有無についての点検・診断、補修・更新が従来にも増して重要となっています。また、訪日外国人が増加しており、これまで、高速道路へのナンバリング導入や一時停止標識の「STOP」併記などを実施していますが、今後は国際化対応が一層重要になることは間違いありません。当協会は、これらの情勢に的確に対処してまいりたいと考えております。

政府の第10次交通安全基本計画においては、本年(令和2年)までに交通事故死者数を年間2,500人以下にする目標設定がなされています。当協会は、会員企業とともに不断の努力を行い、この目標達成のために貢献してまいりたいと思います。

皆様には、今後とも当協会へのご支援を賜りますようお願い申し上げます。